帝京大、大牟田に新学科 看護師と放射線技師養成 福岡

2011年09月27日 10:00 | ニュース

帝京大学は、福岡県大牟田市にある福岡医療技術学部に、看護師養成と放射線技師養成の2学科を、2013年4月から新設するようです。
朝日新聞が伝えています。

看護師を養成する大学などの高等教育機関は、県内では久留米市以北にしかなく、慢性的な看護師不足の中、筑後地方南部の医療関係者や医師会は新設を求めていたそうです。

■帝京大、大牟田に新学科 看護師と放射線技師養成 福岡
http://www.asahi.com/edu/news/……60043.html

帝京大(本部・東京都)は15日、福岡県大牟田市にある福岡医療技術学部に、看護師養成と放射線技師養成の2学科を、2013年4月から新設する方針を明らかにした。同日、冲永佳史理事長らが県庁に小川洋知事を訪ねて報告した。来年にも文部科学省に申請する。

 同学部は1987年、九州帝京短大として発足。2005年に理学療法学科と作業療法学科からなる4年制大学に改組された。

 看護師を養成する大学などの高等教育機関は、県内では久留米市以北にしかなく、慢性的な看護師不足の中、筑後地方南部の医療関係者や医師会は新設を求めていた。また放射線技師の養成学科は、九州でも九州大と純真学園大(福岡)、熊本大だけ。放射線技師の需要増に応えるために設置の検討を始めたという。

 帝京大は、大牟田市新勝立町4丁目の現キャンパスとは別に土地を取得し、新学科を設置する予定。98年に閉園した第三セクターのテーマパーク「ネイブルランド」跡地も候補の一つだという。